読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

メスティンにマルタイの棒ラーメンは折らずに入るか試してみた

広告

私、それはそれは小さなものですが会社を経営しています。要するに社長をやっています。

社長なら会社の中では好きなことできそうなものですが、実際はそうでもなくて、部下に色々と遠慮もしないといけなかったりします。なにせ、私もオッサンとは言え、まだ若い部類のオッサンなので部下の方が年齢も高いですから。

しかし、今日は事務員のおばちゃんがお休みで、日中は事務所に私以外誰もいません。気兼ねなく自分のペースで仕事ができるわけです。

大好きな音楽聴きながら仕事しても、休憩時間以外にプリン食べても、油断してオナラが出ちゃっても誰にも嫌な顔されないわけです。

かつて個人事業者だったころは当たり前だった自由が、毎週1日だけ訪れるのです。

 

それが今日。

この誰もいない日の私の楽しみといえば、お昼ご飯。これまでにも何回か投稿していますが、室内でアウトドア料理というワケの分からないランチを楽しんでいます。

そんなわけで本日のお昼ご飯について。メニューはラーメン&焼売です。

わざわざアウトドア用品(メスティン&ガスストーブ)で作る楽しさ

「何の意味があるのか?」と問われれば答えに窮するどころか、即座に「何の意味もない。」と言いきれてしまうほど、意味がない。

特に今日のメニューなんて、事務所に備え付けの器具で十分調理可能だ。

しかし、それでもこの遊び心を加味することで少しだけ料理が美味くなるような気がするのです(間違いなく気のせい)。

そんなわけで、調理道具&素材。

f:id:hesocha:20160913221140j:plain

西友で買ったマルタイの棒ラーメンと値下げ品のシュウマイが今日のランチ。調理に使うのはもちろんメスティン。いつもはエスビットのポケットストーブとアルコールの固形燃料ですが、今日はガスストーブで加熱します。

それから、後で紹介しますが、このメスティンの中には秘密兵器が隠れています。

棒ラーメンが無性に食べたくなることってない?

マルタイの棒ラーメンって結構昔からありますけど、時々無性に食べたくなることありませんか?

素朴な味付けで、特別美味しいってわけでもないと思うのですが、不思議な中毒性があるような気がしています。

昨晩、仕事帰りに西友で買い物をしていた際にコイツに目が留まってしまい、もう、食べずにはいられない感じになってしまったので、本日の昼食用に購入。なんか、大きさ的にもメスティンにピッタリじゃないかと思い、それも確かめてみようと思った次第です。

メスティンでラーメンを茹でる前に、シュウマイを蒸す

早速棒ラーメンを茹でたいところですが、その前におかずを作ります。

おかずはシュウマイ。こんなものレンジでチンでも良いのですが、そこをあえてメスティンで作るのが楽しい。

シュウマイをメスティンで蒸す際にはこんなアミを使います。前述の秘密兵器です。

f:id:hesocha:20160913222421j:plain

アマゾンで買いました。

何の変哲もないバット用のアミなのですが、これが、メスティンで使うために製造されているんじゃないかと思ってしまうほどに、メスティンにピッタリなのです。

f:id:hesocha:20160913222912j:plain

メスティンに入れるとこの通り。四隅のアールまで完全に一致。

ここに少し水を入れて、網の上に食材を並べ火にかければ、メスティンでも蒸し料理が楽しめるわけです。

f:id:hesocha:20160913223208j:plain

これで蓋をして蒸します。この際、蓋はかなり熱くなりますので軍手があった方が良いと思います。ごはんなど内容物がタップリとある場合よりもだいぶ熱いです。

メスティンに棒ラーメンは少し大きいが問題なし

おかずが準備できたので次はマルタイの棒ラーメンを茹でていきましょう。

まず、サイズ的にメスティンにマルタイの棒ラーメンピッタリと入るのではないかという検証ですが、この通りでした。

f:id:hesocha:20160913223841j:plain

チョッとだけ寸法が合わない…

こんな時、他のインスタントラーメンですと割っていれるのですが、マルタイの棒ラーメンはそのままでも大丈夫でした。

f:id:hesocha:20160913224147j:plain

お湯が沸いたところで、そのまま麺を押し込むように入れてみると、こんな風に簡単に曲がってくれて麺全部を入れる事が出来ました。後は箸でほぐして茹でるだけです。

具なしのラーメンってのも寂しいので、乾燥ワカメ&野菜を加えて3分煮込みました。

ちなみに先に蒸したシュウマイが冷めてしまわぬように、ラーメンはこんな風に煮込みました。

f:id:hesocha:20160913225039j:plain

ひっくり返したメスティンの蓋が皿替わりなので、それをそのまま上にのせています。

完成&実食

ラーメンを三分煮込んだら完成です。

f:id:hesocha:20160913225421j:plain

うむ。想像以上に貧乏臭い絵だ。

しかし、これが美味い。

棒ラーメンは期待通りにいつもの味。だけれど、なぜかいつもより美味しく感じます。安物のシュウマイも蒸したばかりだといっちょ前に中華している感じです。

こんなもん、普通に鍋で煮込めば良いし、レンジを使えば簡単なんです。味だって実際は変わらないんですよ。分かっています。

でも、なんか楽しいんですよ。この雰囲気が。

本当はね、これを山でやりたいんですよ。山で食べるラーメン。あの美味さを知ってしまうと、ただラーメンを食べるためだけに山に登りたくなります。

そう。山。山に行きたい。山でご飯食べたい。

9月、10月は連休もありますし、なんとか仕事を片付けて雪が降る前に山に行きたいものです。山に行けないまでも、しっかり休みを取って遊びに行きたいです。いや行きます。

もうそろそろ、室内アウトドアで遊びに行く暇が無いイライラ感を紛らわすのも限界です。

 

では、また。