読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

魔法のクッカー、メスティンで蒸し料理!!レンチンせずにわざわざメスティンで肉まんを蒸す!

広告

早いものであっと言う間に12月。忙しい忙しい師走です。

諸説あるそうですが、師(先生)も走るくらい忙しい月という由来が有名ですよね。これを教えてもらった子供の頃はイマイチ理解できませんでしたが、いやぁ、ホント忙しいですね。師走。

暮れの挨拶、新年の準備、甥っ子姪っ子へのお年玉やらクリスマスプレゼントの用意、年賀状も作らなけりゃいけないし、そうそう、忘れてはいけないのが年末調整などの事務手続き…

ただでさえ忙しいのに、去年から始めた学習塾の運営がさらにここに追いうちをかけます。

冬期講習に受験直前の対策講座、春からの新規塾生の募集もそろそろ手を打っていかないと間に合いません。しばらくは休日なしです。社長(へそちゃ)のみ完全にブラック企業対応です。

忙し過ぎて… 死ぬ…

こうも忙しくなってくると、体力的なしんどさは仕方がないにしても、せめてストレス解消くらいはしたいところです。本当は遊びに行きたい。でも、どう考えても時間的な余裕がない。

はい。そんな時はいつものアレです。

室内アウトドア料理

室内にいながら、あえてアウトドアグッズで調理をするという何の意味もないが、一定の自己満足を得られるアレです。

もっとも簡単なアウトドア料理と言えばカップヌードル!その世界一となった香辣海鮮味(スパイシーシーフード)を食す

「ふざけんな!」とお怒りの皆様の言いたいことはごもっともです。もちろん、これだけでは終わらないのでご安心ください。

数日前にこの記事を読みました。

世界一のカップヌードル!香辣海鮮味(スパイシーシーフード)が旨すぎ! - 涙拭けよ

実にうまそうだと思って私も買ってみました。

f:id:hesocha:20161201234245j:plain

ただ、さすがにこれだけでは胃袋的にも物足りませんし、何よりちっとも面白くありません。こんなことではストレス解消になんてなりはしないのです。

ですから、今回はコレに合わせたメニューを準備いたしました。例によってメスティンで作ります。

メスティンで蒸し料理!!本間冬治工業の長バットアミは蒸し網にピッタリ

例によって事務員さんがお休みの日を選んでの決行です。事務員がいたらさすがに怒られます。こっそりやるのが楽しいのです。

いつもどおり、使うのは最強のクッカー、メスティンです。

f:id:hesocha:20161201235320j:plain

今日はこのお弁当箱のようなメスティンの心強いパートナーを紹介します。

それがこちら。

f:id:hesocha:20161201235449j:plain

本間冬治工業社製のBK 18-8 長バットアミ 18型というバットです。

これを蒸し網がわりに、メスティンを蒸し器として使います。

この本間冬治工業の「BK 18-8 長バットアミ 18型」はまるでメスティンの専用蒸し網ではないかと思うほど、メスティンにピッタリなのです。

こんな風に使います。

f:id:hesocha:20161201235846j:plain

どうです? ピッタリでしょ。

四隅のカーブまでバッチリです。

ここに水を入れて火にかければメスティン蒸し器の出来上がりです。

メスティンに肉まんがピッタリすぎて専用調理器具に見えてきた

カップラーメンに何をあわせようかと悩んだのですが、相性よりもボリュームをとり、肉まんに決定しました。忙しく働けば腹が減るのです。

f:id:hesocha:20161202000453j:plain

寒くなってくると異常に恋しくなりますよね。肉まん。そのうち手作りの肉まんもやりたいと思いますが、今回は安物の市販の肉まんです。

これをメスティンに入れて蒸していきます。

f:id:hesocha:20161202000641j:plain

こんな感じです。

なんか、もう一つ入りそうですね。私の胃袋にもまだまだ肉まんひとつ分くらいの余裕はありそうですし、もう一つ蒸しちゃいましょう。

f:id:hesocha:20161202000956j:plain

ピッタリ。

これ、もしかして肉まん蒸すために作られたクッカーじゃね?

メスティン&本間冬治工業の長バットアミで肉まんを蒸す

ウチの事務所にも電子レンジくらいはありますので、肉まんなんかはレンジでチンしたほうが断然早いんですよ。おそらく調理にかかる経済的なコストだってレンチンの方が安いでしょう。

しかし

それでもあえてメスティンで、アウトドア用のクッカーで調理するところに意義を見出したい。

だって、楽しいんだぜ。本当に。

青空の下でやれれば一番良いのだろうけれど、こうして事務所内でだって普段使わない道具を持ち出して調理すれば、安物の食材だって特別な食事になるってものです。

f:id:hesocha:20161202001419j:plain

メスティンをガスバーナーにのせて点火。

メスティンは熱伝導の良いアルミ製なので直ぐにアツアツになります。

蓋の隙間から蒸気が漏れ始めたら火を止めて蓋を開けます。

f:id:hesocha:20161202001749j:plain

うん。写真だと分かり辛いw

フッカフカのアッツアツの肉まんが蒸かしあがりました。

良い匂いがします。最高に美味そう。

指で押すと…

f:id:hesocha:20161202001926j:plain

熱い!! 火傷するわ!!

柔らかさを表現したくて我慢してグイッと押し込んでみたのですが、我慢できない熱さです。蒸かし時間が長すぎたかもしれません。

メスティンから肉まんを取り出そうとするのですが、これが熱くてままならない。「アツッ、アツッ」と言いながら、お手玉でもするかのように肉まんを右手と左手で交互に持ち皿へ取り出します。

少し時間を置き、素手で普通にさわれるようになったところで実食です。

メスティンで蒸かした肉まんと世界一のカップヌードルを食す

まずはメスティンで蒸かしすぎた肉まん。

f:id:hesocha:20161202002246j:plain

美味そう。

安物だというのにどうしてメスティンを使うと美味そうに見えるのか。

それは気のせい。

ええ。間違いなく気のせい。

きっとレンチンの肉まんとそんなには変わらない。そもそも安物の市販品だし、普通に食べたら何の印象も残らない様な肉まんだと思います。

でもね。メスティンで作れば、アウトドアクッカーで作れば、どんな安物だって、どんな日常の味だって、「気のせい」とか「気の迷い」という魔法によって御馳走に変わってしまうんです。

そう。メスティンは魔法のクッカーなのです(言い過ぎ)。

それから最初に紹介した世界一のカップヌードルこと、カップヌードル香辣海鮮味(スパイシーシーフード)も同時に作りました。

f:id:hesocha:20161202003636j:plain

こんな感じです。

名前のとおり、スパイシーなシーフードヌードルでした。

辛いです。だけれど美味いです。そして辛いです。

これを食べて口が辛くなると、肉まんの甘口のあんが一層美味しく感じられます。ボリュームの一点のみで選びましたが、結果的に味の相性も完ぺきでした。

デザートに杏仁豆腐を食べたのですが、写真を撮り忘れました。これもやはり口の中の辛さを緩和してくれて、とても美味しく感じられました。

 

というわけで、どうでもいいオッサンのビンボー臭いお昼ご飯の様子でした。

アウトドアクッカーとして生まれたはずが、外で使われた回数よりも、事務所内で使われた回数の方が圧倒的に多い私のメスティンが、ときどき不憫に思えてきます。

正月休みにはメスティンもってどこかに遊びに行きたいと思います。

 

では、また。