ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

カラバリにあれば迷わず赤【お題スロットに命じられるままに】

広告

お題「この色が好き」

お題スロット回したら、なんか、微妙なお題が出たなぁ。しかし、有言実行だ。書こう。

私はが好きです。カラバリに赤があれば迷わず赤。なければピンクやオレンジなど近めの暖色にしますが、やっぱりは特別です。

何故か。それが今日の話。

 赤を好む理由

そんなの私の世代なら決まっているでしょ。

赤いネクタイをすれば3倍仕事できそうじゃないですか。

赤い手帳には3倍仕事を書き込めそうじゃないですか。

赤いスマホ3倍性能が良さそうじゃないですか。

 

は? 意味が分からない?

あなたは何を言っているのですか。

ガンダムですよ。シャアですよ。赤い彗星ですよ。

忘れたんですか?

私らの教育課程には確かに含まれてましたよ。必修でした。

 

ふざけるな? いやいや、私は本気ですよ。

私はガンダム銀英伝北斗の拳聖闘士星矢… あたりを通して生き方を学びましたから。

赤、それは英雄の色・できる男の色

男たるもの英雄に憧れるのは当然でしょ。

真田信繁(幸村)に代表される武田の赤備え。

当然武田信玄は赤を好んだし、敵方の上杉謙信や信長も赤を好んだという。

赤いひたたれだったり、鎧だったりを身につけていた曹操孟徳もそう。

そういや、関羽呂布の愛馬は赤兎馬だったな。

そして赤い彗星シャア・アズナブル

 

赤、それは英雄の色、できる男の色。

あやかりたい。あやかりたい。

つうことで、私の周りは赤いものが多いです。

そうだ。このブログも赤くしようか。アクセスが3倍になるかもしれない。

赤を好む人の性格

色彩の好みによって性格判断ができるらしいです。

日本人てこういうの好きですよねぇ。

www.skincare-univ.com

っで、これによると、

赤は「活力や元気」「行動力」などを表し、これらに憧れがある人は赤い色に惹かれます。
赤が好きな人は情熱的でエネルギッシュであろうという気持ちが強く、行動的ですが、感情の動きが激しく、情緒不安定になりがちです。また、強い不満やや怒りなどの感情がネガティブな強いエネルギーとなり、赤を好きにさせることもあります。

心身ともに元気で、物事が上手くいっている時はいいのですが、そうでない時はイライラして他人に八つ当たりしたり、攻撃的にならないように注意しましょう。

 だそうです。

う~ん。当たってんのか?

年に1度あるかないかだぞ。怒ることなんて。

一応、気を付けるとしましょう。

 

お題スロットに命じられるまま書いてみましたが、なんか、酷いな・・・

まぁ、ともかく赤色は好きです。大好きです。

もう、なんでも赤くしたいくらいです。赤くしたくないのは政治信条くらいのものでしょうか。