読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

イケダハヤトやマックス村井をウォッチしている人って凄いな

雑記

広告

はてなのホットエントリーがイケダハヤトとマックス村井ばかりになっていて、「やっぱり、ここはスゲェところだなぁ」と、あらためてはてなが村と言われるのも無理はないと思いました。

ところで、この二人、やたらとはてな界隈では有名ですが、実際のところはどの程度の知名度で、どの程度の人気なんでしょう。

ブログをやっている人の中にはイケダハヤトさんのことを神の様に崇める人もいますので、さぞや面白いブログなのだろうと思って見に行って、「……」という感じだったのですが、ファンの方はどの辺に魅力を感じるんでしょうね。

マックス村井に至っては見たこともないというか、見たいと思ったことすらない状態ですが、どうも、子供らに人気らしいですね。ヒカキンでしたっけ?あの辺と同じで、ガキ相手に再生数稼いでいる印象ですけど、どうなんでしょう。

ウォッチャーたちの情熱に脱帽

私、正直なところ、トマトさんのブログ面白いとは思えませんでしたし、あれを毎日時間をかけて読む気にはなれません。苦行とか荒行とかの類ですか?

そんなものをですね、毎日、観察し続け、その記事の矛盾点やらを即座に追求できるというのは並の努力ではないと思うのです。しかも、あのツマラナイ内容を素材に抱腹絶倒の記事を書きあげてしまう。何たる技術。何たる才能。もはや嫉妬を覚えざるを得ません。

ネットの世界に無造作に捨てられていくゴミまでも拾い上げ再利用していく様は、まさに世界に誇る日本の「モッタイナイ」精神の体現です。

私には無理です

イケハヤさんに関しては、とりあえずブログを見ては見ましたが、もういいです。村井さんは… これだけ騒がれても見る気がしません。

「人を見かけで判断してはいけません」そう子供の頃に習いました。ましてや、見かけ以前の先入観のみで判断とかありえないでしょ。ダメですよね、そんなのは。頭では分かってはいるのです。

とは言え、見たくないものは見たくない。サムネを見ただけで嫌悪感があるですよね、一部のユーチューバーに対して。なんでアイツらは無駄に変顔するの?

そんなわけで、困っていると良いものがありました。問題になっている件についての氏の発言を誰かが書き起こしてくれていたのです。

っで、読んでみたのですが… ん~ やっぱり嫌いだわ。印象通りの人みたいね。これを日々ウォッチとか絶対に無理。金もらっても嫌だ。

1次ソースを確認するべきだが

本来、情報とは1次ソースを確認すべきなのだと思いますが、どうせ大したことは言っていないのだろうから、私はウォッチャーらの記事だけで良いかなぁと思っています。どう考えても、本人らより面白いですしね。

そんなことを考えているときに思ったのですが、私と同じように感じている人って結構いるんじゃないかと。

結局、あの人らの人気って、本人らの人気ではなく、ウォッチャーらの人気に支えられている部分が結構大きいのではないかと。

フグと調理師みたいなもので

だれも毒を持っているフグを捕まえて食べようとは思いませんが、これを一流の料理人が調理してくれるならば話は別です。命にかかわるような危険な食材が美味しい食材に変わってしまいます。

どれだけ多くの若者がトマトさんの話に踊らされて人生の大切な時間を無駄にしたでしょうか。そんな危険なものを美味しく調理してしまう。まさにウォッチャーらは一流職人だと思いました。

 

長々と書きましたが、正直、どうでも良いです。そんな結論で記事を終えて良いものかと、色々と締め方は考えてみたのですが、やっぱり私にとってはどうでも良い素材なんですよね。ウォッチャーの人らのようには上手く書けません。いつか、あのくらいの文章力と構成力が身に着くと良いなぁ(棒)。

 

では、また。