読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

結婚相談所潜入報告

広告

昨日の続き。

 色々あって結婚相談所に行くこととなり、今日行ってきました。

www.hesocha.com

私が足を運んだ相談所に登録されている方に迷惑にならないように先に書いておくと、結局、今回は登録を見送っています。また、相談所の名前などは今のところは伏せておきます。また、ここに書けることも当然限定されますので、そのつもりでお読みください。

結婚願望のある男性諸君へ

結婚相談所、悪くないよ。選択肢としてありだと思う。実際に行ってみて話を聴いてみたら、かなり印象が変わりました。「だったら登録して来いよ。」って話なんですけど、あくまでも今回見送ったって話で、「これならありかな。」と思っている自分がいます。この辺は後述します。

昨日の記事でも書いたけれど、ぶっちゃけ、一番心配なのは「可愛い子おるの?」とか「若い子おるの?」とか「気立てのよい優しい子はおるの?」とかそういうことでしょ?

最後の性格に関することは実際に相手と話をしてみなければ分からないことだけれど、前の二つは心配なさそうでしたよ。

面談した部屋にはこれまでの成婚カップルの写真が飾られているのですが、最近数カ月の写真を見る限りでも綺麗な女性がいっぱいいました。登録されている方も24,5歳くらいの方が結構たくさんいるそうです。確かにそのくらいの歳の方の写真もありました。

男性登録者が足りない

この相談所に限った話なのかもしれませんが、登録者の男女比が偏ってきているそうです。長い不況のため、経済的な理由から自信を持てずにいる男性が多くなっているようで、男性の登録者が足りていないそうです。

そういえば、以前に登録しないかと勧められた際に、私も「結婚はしたいけど家族養っていく余裕がないのでパスです。」と断った記憶があります。男女同権といっても、男性はそこは気にしますよね。どうしても。

ただ、現在は女性もしっかりと経済的に自立しているケースが多く、というか、ほとんどの場合は自立しており、男性が思うほど気にはしないそうです。(※あくまでも、程度の問題です。)

経済的なことで自信を持てずに躊躇されている方は、話だけでも聞いてみたらよいと思いました。私もだいぶ気が楽になった気がします。

この女性エライ美人ですけど、サクラじゃないの?

成婚カップルの写真が飾られているんですけど、「綺麗だなぁ」と見とれてしまうような、美人の写真が何枚もあるんですよ。それに歳も多分20代後半くらい。

「こんな若くてきれいな人が登録なんてするの?」率直に疑問を投げかけてみました。

「ここ最近は多いわよ。美人とはいえ、出会いがないことにはどうしようもないからね。」

あ、いや、まぁ、それはごもっともです。

しかし、やはり信じられない。だって、本当に綺麗な方よ、この人ら。言い寄る男なんていくらでもいそうなものだけれど。

それにだ。これが重要な話なんだが、カップルの写真ということは隣に男もいるわけなんだが、その、なんだ、ありていに言って、不釣り合いな感じを受けてしまう写真が結構多い。だけどね、女性は満面の笑みで、とても妥協したような感じは受けません。

真剣に結婚相手を探している

やっぱり、合コンとかの軽いノリとは違いますね。特に女性は出産ということも考えると、時間的な制限があるためとても計画的というか戦略的な印象を受けました。

なんか、こういう書き方するととても打算的に見えて嫌なのですが、決してそういうんではないんです。単純に出会いの機会がない、アプローチが苦手、そんな女性が少しでも良い出会いの確率を高めるために、割と若いころから登録する傾向があるそうです。話を聞いた限りでは、あと、カップルの写真から受ける印象では、出会いの一つの形として割り切っている女性が多いようで、切羽詰まった状態で駆け込むような人は少なそうです。

それから熟年のカップルも多いそうです。不幸にもパートナーをなくした方々が再婚相手を探すケースが一番多いようです。様々な世代の方が真剣にパートナー探しをしているという印象を受けました。

登録しようと心がぐらついたが

悪くない。そう思いましたし、正直、自分も何か行動しない事には出会いなんてありそうもない。昼間普通に仕事して、夜は塾講師でしょ。一体いつ女性と出会うのか?

ただ、既に登録している方の様子などを聞くにつれ、自分にはこの人たちほどの真剣さはないとも思いました。

これ、女性側なら大して問題ないと思うんですよ。でも、男性側の態度がはっきりしない状態にでもなれば、真剣に結婚を考えている女性にしてみれば迷惑千万です。結婚を希望する女性のほとんどは出産も希望していますから。

実際、将来のことに話が及ぶと、男性側が腰砕けの状態になり話が流れる場合が多いそうです。期待していた分、女性のショックも大きく、次の人を見つける勇気を持てなくなる人もいるとか。

私、今の状況で登録するのは良くないと思うんです。

そう思っていると、顔に出ていたんでしょうね、相手から言われました。「直ぐに登録する必要なんてないし、ゆっくり考えれば良いわよ。だいたい、しばらくは御柱祭で忙しくて、登録したってデートも出来やしないでしょ。」

確かにそうだ。今週末から御柱祭。今登録したって、休日はしばらくは御柱祭でそれどころではない。その間にじっくり考えれば良いか。

ともかく、私の抱いていた結婚相談所へのイメージは偏見でしかなかったようです。実際に登録するにしても夏以降になると思いますが、選択肢の一つとして考えていこうと思います。

 

書ける範囲で書いた消化不良の潜入レポートでした。

では、また。