ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

生徒数大幅増!! しかし、これは正直マズイ。早めに何とかしないと。

広告

先ほど体験授業の生徒が一人おり、授業を受けた生徒はそのまま入塾を決めてくれました。

友人らの成績の上がり方に興味を持ったらしく、生徒はもちろん、お母さんも興味津々で「授業を見せてくれ」ということで、後ろからお母さんに見られながらの授業でした。

私にしてみれば特段変わったことをしているわけではないのですが、これまで通っていた某学習塾とはだいぶ違っているそうで、授業後にだいぶ方針などを質問されました。

ともかく、生徒も保護者もわたしの教室を気に入ってくれたようで何よりですし、昨日の書いたように、仕事バリバリこなして、しっかり稼ぎたいと気合入れ直したところなので、新入生は幸先良い感じです。

ただ…

ちょっと心配なことも…

生徒増自体は大変ありがたいのですが、正直、最近の生徒の増え方には問題を感じています。

端的に言えば、ダメなパターンなのです。

中3生ばかり

生徒がかなり増えてきていて、それ自体は非常にありがたいことなのですが、その増え方がマズイ

3年生ばっかり。

受験生の入塾は有り難いですよ。なんだかんだ言っても高校への合格実績が一番の広告になりますからね。いくら「ウチの教室は良いですよ」と言ったところで合格実績が無ければお話になりません。

加えて言えば、今通っている三年生はかなり優秀。上位校への大量合格も期待できる状態です。獲らぬ狸の何とかかもしれませんが、今のペースで行ければ、来春は広告打ちやすいですよ。〇〇高校合格〇名!!みたいなやつをバンバン書けそうです。

だから、ここまでは良いんです。やったぜ、ヒャッホイ!! って感じです。

ただ、3年生は増えるのに、1年生・2年生が少ない。少なすぎるってくらい少ない。

これは非常にマズイ。

今年は良いが来年は

今は忙しすぎるくらいの状態です。この調子ならば、部活が終了する夏以降は授業数を増やす生徒も増えるので収益はかなり期待できます。今年一年は安泰と言っていいでしょう。

しかし、この子らが卒業した後が問題です。

この子らの合格実績を武器に生徒を獲得するという方法も勿論あるでしょうし、おそらくある程度の生徒数を確保できるとは思います。しかし、その保証はありません。

さらに言えば、そうして4月から3年生が入塾した場合、生徒によっては学習時間が十分ではない場合があります。1年生や2年生から通ってもらえれば、勉強の仕方や習慣なども身につけさせられますし、基礎をしっかりと教えられるのですが、3年の4月からでは生徒によっては、目標によっては時間的に不十分な可能性があります。

2年の途中くらいからであれば、まぁ、どんなに勉強苦手な子であっても、地元の高校であれば大体どこでも入れるくらいにはしてやれる自信ありますが、3年の春からだと、その子の才能や、入塾時の実力がどの程度なのかによって、受験校の選択肢が変わってしまいます。

そうすると、結局、その次の年の合格実績に響いてしまうわけです。

受験生50%・非受験生50%が望ましい

受験生とそれ以外の生徒が半々くらいの割合がちょうど良いと思っています。このくらいだと、合格実績も作れますし、次の年に極端に生徒数が少なくなって収入が激減するようなことも少なくなります。受験生がいれば教室内も緊張感があって良いですしね。

ですが、今の割合は受験生8割…

いや、これ、絶対にマズイ。

3年生が多いと1,2年生が入塾しづらくなる

学年別の一斉授業形式の教室なら問題ないのでしょうが、個別指導のスタイルの場合、全学年が同じ教室にいますので、あまり3年生が多すぎると、1,2年生にはプレッシャーになることがあるようです。

私の教室ではイベントなどを通じて、他学校の生徒や学年の違う生徒とも仲良くしている生徒が多く、現状、通っている生徒の中にはそういう軋轢みたいなものはないのですが、外部から見れば別です。

協力関係にある他の学習塾などの話を聞いても、それはあるようで、例えば、部活で目立っている3年生などがいる場合、その3年生がいるということで、3年生が入塾するケースは増えるのですが、逆に、その3年を敬遠して1,2年の入塾が減るようなことがあるのです。

っで、これがすすみ、3年が増えると、ますます1,2年生は入塾しづらくなるという負のスパイラルに陥るわけです…

夏休みまでに1年生・2年生の塾生を集める!!

ここを逃すと本当に最悪の事態になりかねないので、定期試験の前後、夏休み直前に出欠覚悟のキャンペーンを張ってでも1,2年生の入塾を増やします。

もちろん、3年生も増やしたいですが、まずは1,2年生の募集に力を注ぎます。どうにかしないと、来春以降が怖すぎます。

目標は1,2年生の生徒を20名増です。達成率50%でも成功と言っていいかもしれないくらいですが、どうせ目標にするなら強気の目標で行きます。

仮に、この目標が達成された場合は講師数がどう考えても足りないので、増員しないといけません。人が見つかるか非常に不安です。

でも、そんな不安ならハラハラしがいもあるってもんです。来年のこと考えて胃の痛い思いするよりずっとマシ。

 

ということで、今日は一日苦手のイラレでキャンペーン用のチラシとポケットティッシュ作ってました。今週末にはプリントパックから完成品が届く予定なので、じゃんじゃん撒いて、生徒集めたいと思います。

御柱終了後のリスタート1日目はこんな感じでした。

では、また。