読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

ブログも仕事もリスク管理は大事

広告

詳しいことはよく分かりませんが、有名なメディアクリエーターさんのブログが一時閲覧不能となったとか。

一事業者としては収益の柱を一つ失うようなことがあったらどうするか、そもそも、そんなことにならないようなリスク管理をしないといけないと、結構深刻に考えさせられました。

それにしても、一般企業にお勤めではなく、ブログでの収益で生活しようという若者なので、チョッと気の毒な気はしますね。他人のことなんて基本的にはどうでも良いことなので、どうにかして真相を知りたいとか、そこまでは思いませんが、まぁ、そのうち本人がこの件をネタにしてくれたときには参考にはしたいです。

収入の柱は数本必要

勤めていれば会社が無くならない限りは基本的には給料がいただけるので、こんな心配はいらないでしょうが、個人事業者などはそうはいきません。

それまでは儲かっていた商売でも、新法ができたり、環境が少し変わっただけで商売にならなくなることはあり得ます。得意先を一つ失うだけでも収益が大きく変わってしまうなんてことは小さな会社では良くあることです。

どうにかしないとな。収益の柱は何本か欲しいよな。と、思っているのですが、何とか商売が回っているとイマイチ本気になりきれないものです。しかし、今回の件で、そんな余裕をかましている場合ではないと思わされました。

もし仮に、何かのトラブルでウチの収益の柱が折れたりしたら… と考えると血の気が引きます。

彼もまさか自分のブログを一時的にでも失うとは思わなかったでしょう。おそらく彼のことですからどうにかこの危機を乗り越え、今後、今まで以上にブログで収益を上げていくでしょうが、それでも大変なことに変わりはありません。

自分にこれほどのインパクトのあるトラブルが降りかかった場合、おそらく、会社を存続していくことは難しいでしょう。

そう考えると、急いで収益の柱をもっと増やす必要があります。

生殺与奪の権を他人に握られる怖さ

今回のブログの件の真相はどうなのかわからないですが、サービスを提供している企業のさじ加減ひとつで収益源を失うような状態はやはり恐ろしいものです。

私の場合、ブログは完全に趣味ですから、仮にこの瞬間にこのブログが凍結されても晩酌のグレードが多少落ちる程度で痛くもかゆくもないわけですし、多くのブロガーもそうでしょう。

しかし、だからと言って今回の件が全然関係ない他人事なのかといえば、そうでもなくて、多かれ少なかれ他者に依存している部分が誰でもあるわけで、その依存度が大きくなっていけば、やはり同じような危険性が出てくるわけです。

どこか一つに絞って仕事をしたほうが効率も良いですし、楽なのですが、やはり、万が一のことを考えると一社にのみ頼るような仕事の仕方は、相手に自社の生殺与奪を握られるようなものなので考えものです。

個人で働く怖さ

一人で働くのは気楽です。

私も今では従業員を雇っていますが、数年前までは一人で働いていました。当時のことを思い出すと、本当に気楽でしたし、今でもあの頃に戻りたいと思うことが良くあります。

ただ、これも楽ではありますが、リスクも高いです。

万が一、自分に何かあったらどうなるのでしょう。例えば病気や事故で入院を余儀なくされた場合、その期間のみ収入を失うのであればまだ良いですが、仕事自体を失いかねません。

しかし、会社という組織で働いていれば、一人欠けることがあっても、なんとか仕事は動いていくものです。一時的に収益が落ちようとも、仕事さえ続いていればどうにか挽回が可能です。

もっとも、この点についていえば、もし仮にいま私の会社で自分に何かあれば、従業員がいても仕事は失われるでしょう。自分にしかできない仕事が多すぎます。

だからこそのバックアップ

今回の件を取り扱ったいくつかの記事でもブログのバックアップについて書かれていましたが、仕事も同じです。

もしもの時のバックアップ体制の構築は必要不可欠でしょう。この点については今回の件でかなり深刻に考えるようになりました。

先に書いたように、私の会社は、おそらく私に何かあれば1ヶ月ともたずに潰れるでしょう。現状では私のバックアップがいませんから。

これは、はやいうちにどうにかしたいと思います。どうするかは未定ですが。

 

う~ん… 考えれば考えるほど恐ろしい状態だな…

最近は仕事が割とうまくいっていたので浮かれていたかもしれない。

直ぐにどうにかできることではないのが、またいっそう恐ろしい。

ともかく、まずはそういう状態に陥らないように気をつけよう。

と言っても、出来ることと言えば健康に気をつけるくらいですが…

お酒飲みすぎないようにしよう。運動しよう。あと、あれだ、毎日欠かさず350gの野菜と瞑想だ。

 

では、また。