読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

諏訪大社の狩猟の神様にたのめば、レアなポケモンも捕まえられるだろうか?

観光 ゲーム

広告

ポケモンGOの配信が日本でも始まり、ツイッターなどSNSを開いても、その話で溢れかえっています。

私もとりあえずは試してみようかとダウンロードはしたものの、サーバーが混み合っているようで、いつまでたってもゲームを体験できず、とりあえず、この記事を書いている今現在は未プレー状態です。

「いつになったらできるのだろう?」そんなことを思いながらブログやツイートを眺めていると、チラホラと「詰まらん。」とか「飽きた。」という話も目につくようになり、なんだか、プレーする前からもういいや感がしてきています。

こんなこと書いておいて何ですが、今日はポケモンGOにハマってしまった人向けのおススメ観光スポットについてです。

ポケモン捕まえるなら、狩猟の神を祀る諏訪大社へ

まぁ、私が観光スポットとか言ったらこれしかないですよね。みんなおいでよ諏訪大社。

なぜポケモンで諏訪大社なのかって?

私、ポケモンやったことも見たこともないんですけど、要するにまずはポケモンを捕まえるわけでしょ?

動物?を捕まえる。これって、一種の狩猟ですよね。「ポケモンとの友情が…」とか苦情を受けそうですけど、まぁ、捕まえた後に情が芽生えてイノシシあたりをペットにしちゃう人もいますから、そんな感覚だということで勘弁してください。

っで、その狩猟について。

どこの神社に祀られている神様も、色々な神格をもっているものです。諏訪大社の御祭神、御建名方神は軍神や農耕神(風の神)としての神格の他、狩猟神(山の神)としての神格もあるんです。

神事や周辺の歴史・文化などから考えると、諏訪大社の中でも上社(本宮・前宮)の方に特に狩猟の神様としての性格が強く残っているように思います。

少し前までモンハン(モンスターハンター)のファンたちの聖地だった

諏訪大社というと地元民的にはまずは御柱祭なのですが、どうも、そうではない方が結構多いようです。

東方projectってゲームで題材として使われているそうで、そのファンの方がかなり多く参拝に来られています。絵馬などを見ると、「痛(いた)絵馬」というやつがズラリと並んでいました。

っで、そんな絵馬の中に、別のゲームのファンの絵馬も一時、かなりの数でかけられていました。それがモンハン(モンスターハンター)です。

f:id:hesocha:20160722220025j:plain

最近はあまりモンハンの絵馬は見かけなくなりましたが、数年前は探さなくても分かるくらいにはありました。

私、これを見たとき「なぜ?」って疑問に思ったものです。アニメの聖地巡礼、ゲームの聖地巡礼でこられるお客様が多いので、そういう作品は名前だけは覚えていたのですが、こんな大人気ゲームで使われているなら知らないはずもないだろうと。

帰宅後、検索して調べてみるとモンハンと東方の両方の愛好家が始めたそうで、諏訪大社が狩猟の神を祀っているのだから、モンスターをハントする前にはお参りすべきだろうってことらしいです。

なるほど!!

と、その時は思いました。が、本当にご利益があるのかは…

諏訪大社でポケモンは出来るのか?

出雲大社では境内でのポケモンは禁止になったそうです。今後、こういう動きが広がることは考えられるので、もしかすると諏訪大社でのポケモンは禁止されるかもしれません。

ですが、ポケモンをたくさん捕まえられるようにお参りするのは自由なはずです。観光のついでで諏訪大社に寄ってみてはいかがでしょう。狩猟の神様の御利益がもしかしたらあるかもしれない!

それから、私、イングレス好きでよくやっているのですが、諏訪大社にも、その近辺にも沢山のポータルがありましたから、ポケモンでもこの周辺は十分に楽しめると思うんですよね。

結局何が言いたいかというと

夏休みには是非、諏訪にお越しください。諏訪大社、霧ヶ峰、温泉、諏訪湖の花火… 見どころは満載です。っで、ついででポケモン探してください。

あと、言いたいのは、私も早くポケモン試してみたいってことです。

では、また。