ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

今更だが、謎肉祭とカップヌードルBIGを食べ比べてみた

広告

完全にタイミングを逸してしまったのだけれど、書こうと思って写真まで撮っているし、どうせ今日は書くこともないので書いてしまおうと思います。

タイトルのとおりです。

今更ですが日清の謎肉祭を食べてみました。

これだけ食べても面白くもないので、通常のカップヌードルBIGと比較してみようと、両方買ってみたのですが、同様のエントリーも散見され、一体何番煎じなのだろうって感じですが、まぁ、個人的な感想です。

謎肉祭とは

こちらが日清のカップヌードル「謎肉祭」。

f:id:hesocha:20160930220903j:plain

カップヌードルに入っている肉のようなもの。いつの頃からかファンの間で謎肉と呼ばれていましたが、その謎肉が通常の10倍入っていると話題となり、一時入手も困難になったのだとか。

普段はカップヌードル何てそんなに食べませんし、最初はこの商品の存在も知ってはいたものの興味はありませんでした。

しかし、「入手困難」とか聞くと、試さずにはいられなくなりますよね。

ってことで、生産が間に合わなくなっているというニュースを聞いたその日のうちに西友にGO。

売り場には品薄になっている旨書かれた紙が貼られてはいたのですが、その奥には山積みの謎肉祭が…

まぁ、ここ田舎ですから。東京とは違うんですよ。ええ。

普通のと比べてみる

折角なので、本当に10倍の謎肉が入っているのか検証してみようと思い、普通のカップヌードルも買ってきました。

f:id:hesocha:20160930221649j:plain

なんか、キャンペーン中らしくてパッケージが普段と違います。

「さて、比べてみようか」と思ったところで、重大な事実に気がつきます。

f:id:hesocha:20160930221848j:plain

謎肉祭のパッケージを読んでみると、こう書いてあります。

”謎肉”を通常の10倍※2入れました!

※2カップヌードルビッグ対比

カップヌードルビッグ対比…

ん!! カップヌードルビッグ!?

 通常のサイズのものでは無くBIGサイズの方との対比で10倍だそうで、用意したカップヌードルではないみたいです。

でも、ここでふと思いました。

え? まって、同サイズのカップヌードルの10倍って相当じゃね?

どんだけ入ってんの?

 

これは是が非でも比べてみたい。実際に自分の目で確認したい。

ということで、通常のカップヌードルBIGを買いに行きました。 …が、これがなかなか見つからない。謎肉祭があんなにアッサリ購入できたというのに、一体、何件のお店を回ったことか。

最終的に近所のファミマで購入。いよいよ比較です。

通常のBIGと謎肉祭の比較

こちらが苦労して購入した通常の日清カップヌードルBIGです。

f:id:hesocha:20160930222950j:plain

BIGって普通のカップヌードルよりかなりデカいのに、それを通常のBIGって言うのも変な言い方ですが、謎肉祭じゃない方の、いつも買えるBIGの方です。

苦労せずに買えた謎肉祭と内容物を比べてみましょう。

f:id:hesocha:20160930223416j:plain

中から問題の謎肉だけ取り出してみるとこんな感じです。

通常の物は卵やエビなど他の具材もあるので、謎肉を取り出した後もカップの中は賑やかなのですが、謎肉祭の方は謎肉の量が圧倒的すぎて、それを取り出してしまうと中身はだいぶ寂しいです。

それにしてもすごい量です…

 

でも…

これ、本当に10倍もありますかね?

パッと見はありそうな気もしないでもないですが… どうにも微妙な気がします。

 

重さはどうでしょうか?

f:id:hesocha:20160930224222j:plain

こんな具合で測ってみたのですが…

その…

10倍ですか? いや、きっと私の測定ミスです。ええ。そうに決まっています。

ですから公表は差し控えさせていただきます。

どっちも美味い!! 美味いが…

どちらも謎肉をカップに戻して、お湯を差してラーメンを作ります。

f:id:hesocha:20160930224616j:plain

まずは通常版。

安心の味。安定の美味さ。

よく知っているカップヌードルの味ですが、たまに食べると美味しいものです。

評価基準となる通常版の味を1口2口楽しんだところで、次はいよいよ謎肉祭。

f:id:hesocha:20160930224803j:plain

とても肉々しいです。

肉しか見えません。一面謎肉。謎肉ファンにはたまらないでしょうね、コレ。

さて、味。

肉喰ってるって言うか、謎肉喰ってるって感じです。

あくまでも謎肉。肉を食べているという満足感とは違います。しかし、さすがにこれだけあると別の満足感を得られるわけです。

味付けもピリッとスパイシーなため、これだけ肉だらけでも飽きずに食べられま…

 

食べられません。

途中から罰ゲーム

途中までは美味しく食べていたのですが、さすがに半分食べたあたりで謎肉の味に飽きました。

圧倒的な物量で攻めてくる謎肉に終始押され気味に食事は進みました。

飽きてしまったのならば、味を変えればいい。私は援軍の通常BIGに手を伸ばし、口の中を謎肉の味から、安心の通常版カップヌードルにリセットさせては、強敵謎肉祭にアタックをかけ続けました。

そうこうしているうちに事態が急変します。

味方だと思っていたカップヌードルBIGが寝返ったのです。通常BIGまでが私の胃袋にダメージを与え始めます。

こんなはずでは…

「2つくらい余裕だろ。」そう思っていたのですが、それぞれが半分くらいになったころから、つまりは1つ分食べたころから、箸が進みません…

くそ、これが老いか… 5年前の私ならこのくらいペロリのはずだったのに…

 

ひと口めはどちらとも美味しかったはずなのに…

いつもならば私のものを奪いに来る生徒たちも、この日に限っては不在。

終盤は完全に罰ゲームでした。

 

日清さん、ごめんなさい。せっかく美味しいラーメン作ってもらったのに、最後まで美味しく食べる事が出来なかった。

次からはひとつずつ、美味しく頂きます。

 

もう、若くないことを自覚させられた謎肉祭でした。

では、また。