読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

ネタをネタと思えずに反応してしまった理由と塾業界の悲しい現状

広告

まんまと釣られた記念。

f:id:hesocha:20160512215005p:plain

この記事(魚拓)を読んで、「フィクション」と書かれてはいたものの、何処までフィクションなのか分からず、仮に途中まででも話が本当でも結構とんでもない話ではないかと、反応してしまった。

結局、チルドさん本人の記事によると事実は全然異なっていました。

cild.hatenablog.com

女子高生が登場したところから全てフィクションだったそうで、参加者は上記の記事を書いたブロガーとチルド氏のみだったとのこと。チルド氏を囲んでもいなければ、女子高生の読者もいない、ましてやその後のおぞましい展開なんてありようもないという、タイトル全てがフィクションという内容でした。

一瞬でも最低最悪の下種野郎じゃないのかと疑ってしまったことを謝罪します。ごめんなさい。

考えてみれば、このブログに女子高生のファンなんて付きようがないわけで、自分のマヌケ具合に嫌気がさしました。

ただ、こんなマヌケな反応をしてしまったのにはそれなりのワケがあって、それを、つまりは言い訳を書きたいと思います。

ウチの業界はこの手のゲス野郎が多い

こんなこと書きたくはないんですけどね、一応、注意喚起も兼ねて実情を書かせていただきます。

端的に言ってしまうと、

生徒に手を出すアホ講師がかなりいるから気をつけろ!!

実際、アチコチの塾でそういう講師がいたという話を聞きます。もちろん、そういう講師は即刻辞めさせられています。

「手を出す。」というのにも色々とあると思いますが、恋愛感情を持ってしまって、SNS上で迷惑行為に走ったり、実際に付き合ってしまったりするケースが一番多く、後者の場合は、今回のネタ記事のようなことに発展してしまう場合もあるそうです。

ほとんどの場合は男子講師と女子生徒という組み合わせ。女性はガキに興味示すことすくないんでしょうね。たぶん。そこんとこ行くと、男性は精神的に未熟なものが多いようで、年の近い女性よりも女子中高生に好意を持ってしまう者がいるようです。

女子生徒の方も同学年の男子よりも、年上の男性に憧れる、もしくは、そんなシチュエーションに憧れるませた子が結構いるようで、カップルが成立してしまうことがあるようです。

ですから、ウチの業界は今回のようなネタがネタで済まない現状があるんです。残念ながら。

業界内の対策

塾業界もこれを放置しているわけではありません。ラインやツイッター、フェイスブックなどのSNSやメールなどでの生徒との接触や、塾外での接触を禁止しています。

とにかく、親御さんが知らないところで講師と生徒がコミュニケーションがとることがないように指導されます。不十分だとは思いますが、出来る限りのことは業界でもやってはいるのです。

しかし、まぁ、口頭で指導したところでネット上でやられれば分かりませんし、こんな指導等では足りないことは目に見えていますよね。

さらに言うと、こういう不十分な対策でもやっていればまだマシな方で、個人経営の学習塾などの場合、教室長がゲス野郎という可能性もありまして… 

書いていて、嫌な気持ちになってきた… なんてヒドイ業界だろう…

自分の教室の場合

一般的な対策では不十分ですし、そんなことで、万が一にも問題を起こされたらかないませんので、可能性のある人は講師として雇いません。

つまり、

1.大学生のバイト講師は雇わない

2.若いイケメンor美人講師は雇わない

この二つを徹底しています。

1については大学生をバカにするようで申し訳ないのですが、たまにとんでもないのがいるので、リスクがありすぎて雇えないという話です。最近の若い人は優秀な人が多いとは思いますが、リスクをとれるほどウチの教室の経営はしっかりしていないので、生徒と恋愛関係になりうる大学生は雇いません。

2についても理由はほぼ同じ。20~30代くらいだと生徒によっては恋愛対象になってしまう場合があります。ですから、見た目が良過ぎる場合は採用していません。大人側にその気がなくても、万が一ということがありますから。

まぁ、2については今のところ、そんな人が「雇ってくれ」って来たことないですけどね。

「うちの子に限って」とか思わない方が良い

ホントにね、書いていて悲しくなるんだけれど、ウチの業界は変態さんがわんさか隠れているの。だから、特に女の子を通わせる場合は気をつけてくださいね。

こういう話をね、子を持つ友人なんかに話すと、「うちの子は悔しいけど、そんなに可愛いほうじゃないから大丈夫」とかアホなことぬかす奴がいるんだけど、むしろ、そういう子の方が危ないですからね。

可愛い子ってのは可愛いって言われ慣れているし、学校でも男子から注目されているから、そういうことに多少耐性があります。でも、そういうのとあまり縁のない子が、褒められたらどうでしょう。あえて、そういう子にターゲットを絞ってくるような輩もいますからね。

じゃぁ、どうすれば良いか

塾側と密に連絡を取るようにしましょう。生徒の送り迎えの際に教室長と話をする。あいさつをする。その位でも構いません。とにかく、教室内の多くの講師に親の存在が知れるようにしてください。そうすると、他の講師の目もあって、おかしなことはしづらくなりますから。

塾にまかせっきり、学校にまかせっきり、という具合で、子供のいる環境のことが分からない状態になっていると、知らぬ間におかしな輩が近づいていることがあります。お子さんに対する関心の他に、お子さんの属する環境に対しても関心を持っていてください。

話をもどす

そんなわけで、自分の働いている業界では、割と洒落にならない話だったために過剰に反応してしまったという言い訳でした。

ホント、チルドさん、疑ってすみませんでした。

 

ついでなので、これも書いておこうと思います。

今回のネタ記事のタイトルに使われていたスラングなどを見る限りでは、たぶん、このネタのような事案が結構多く存在するのだろうと想像します。嘆かわしいことだと思います。

中高生ってまだ子供ですよ。女子生徒なんかはだいぶ大人びた、ませた子もいますけど、やっぱり未成年。子供なんです。

そういう子供に対して、良い歳した大人が、しかも別の目的で親御さんから信頼されて託された子に対して恋愛感情抱いたりするのはどうなんでしょうね。ましてや欲望の対象としてみるとかホントおぞましい限りです。

あ~ ホント、悲しい。何だ、この業界。

このへんで終わりにします。

では、また。