読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

星一徹もブライトも、老け顔キャラは苦労したんだよ、きっと。

雑記 マンガ・アニメ

広告

昨日書いた記事が、思いのほかよく読まれて驚いています。 

www.hesocha.com 

前日に書いた記事などは、わざわざ早起きして、寒い思いをして写真をそろえるなど、大変苦労して書いたにもかかわらず、今年一番の低アクセス数だったというのに、苦し紛れで書いたような記事がこうも読まれると、うれしいやらかなしいやら…

ガンダムっていう単語が効いたのか、便乗させていただいたかおもじさんの記事のおかげか。ともかく、頑張りすぎない方がアクセスを頂けるというのは、自分の書き方、運営方針に問題があるということだと思いますので、どうにかしたいものです。ブログって難しいものですね。

さて、昨日の記事ですが、ブックマークにてコメントもいただけました。アニメのキャラクターの年齢設定などには言いたいことがあるって人は多いのかもしれませんね。今日は昨日頂いたコメントから話を広げてみたいと思います。ええ。また、他人の褌で相撲を取ります。

昔の人は老けるのが早かった?

頂いたコメントでこんなのがありました。

格好の良いオッサンとは - ヘソで茶をわかす

星一徹の年齢を調べてみよう。昔の人はふけるの早かった。個人的にはポケモンのアデクみたいな、いざというときは名前もプライドも投げ捨ててでもなんとかしようとできる人がかっこいいと思う。

2016/03/24 10:47

ポケモン見たことないので、アデクってキャラがどんな奴なのかわかりませんけど、いざという時にすべてを投げ捨てでも何とかしちゃう人ってのは確かにカッコイイ。うん。カッコいい。

でも、注目しちゃうのはそっちじゃないよね。やっぱり。

「星一徹の年齢を調べてみよう。」 

そんなこと言われたら、気になっちゃうじゃないか。

星一徹って巨人の星の主人公の親父さんだよね。巨人の星、見たことないけど、とんでもなくいかれた野球狂のバカ親父ってイメージです(あってますよね?)。そんなアクの強いキャラクターの年齢を調べてみろと。いや、これは素通りできない案件ですよ。

でね、もちろん調べました。これから結果をお知らせします。

星一徹さんの初登場時の年齢は

 

33歳(※諸説あり。37歳説も有力。)

 

いや、37でも33でも驚きだわ。あのオッサン、三十代か。

コメントにもあるけど、昔の人は老けるのが早かったんだろうね。老けるというのは、チョッと違うかな。中学・高校卒業と同時に就職なんてのが当たり前の時代だと家庭を持つのも早かったろうし、早いうちから大人としての責任感とかが身について行くんだろう。祖父の若いころの写真などを見て、随分と大人っぽく見えるのもそういうことなのだと思う。

つまりはこの同世代のキャラクターらを自分よりだいぶ上のオッサンにしか見えないということは、現代の30代は昔に比べてガキだともとれるわけですが、それはたぶん、現代が当時よりも豊かで余裕があるから、甘えた生き方をしているからではないかと思うわけです。

キャラの老け具合と世界観

人の顔つきって時代や社会に影響を受けるものだと思います。ならば、作品中のキャラクターらも、作品の舞台設定によって顔つきが変わるのではないだろうか。プロが描いているわけだし、その位は考えていますよね、きっと。

例えば、昨日の記事のコメントにもあったガンダムのブライト艦長。作品設定では19歳。とてもそうは見えないオッサン面です。しかし、あの作品は宇宙世紀の戦争が舞台です。毎日毎日「弾幕薄いよ!何やってんの!!」と命がけの生活をするような環境であれば、そりゃ、老けるでしょう。

オバさん面の24歳キシリアだって政治活動で疲れていたんだよ。二十歳とは思えない貫禄のハマーン様だって、アクシズのリーダーとして気が張っていたんだ。そりゃ、みんな老けるさ。並の老け方ではないけれど、並の苦労でもないわけだから、きっと環境が老けさせたのさ。

 

ちょっと、この調子でいくつか作品を振り返ってみましょう。

聖闘士星矢

私の大好きな作品です。この作品も年齢設定が酷いと言われがちですが、ちょっと待ってください。アニメのナレーションでこんなのがあったのを覚えていませんか。

「この世に邪悪がはびこる時、必ず現れる希望の戦士。星座の聖衣(クロス)をまとい、己の肉体に秘められたエネルギー、小宇宙(コスモ)を爆発させて戦う。彼らこそ地上の愛と平和を守る戦士、聖闘士(セイント)。」

そう。この作品の舞台は邪悪がはびこっちゃっている厳しく残酷な世界のです。そりゃ、異常に発育の良い13歳がいたって不思議はありません。

北斗の拳

言わずと知れた世紀末救世主伝説。核戦争後の暴力が支配する世界が舞台です。ケンシロウの年齢が二十歳前後、ラオウが二十代後半と言われたって納得です。みんな苦労してるんだ。きっと。

ドラゴンボール

地球という比較的平和な惑星で、嫁に苦労ばかりさせて、好き勝手やっている戦闘狂の悟空がいつまでも若々しいのに対して、若いころから滅びてしまった惑星ベジータの王子として苦労を重ねてきたベジータは見事なまでのM禿っぷり。地球に移住した後もブルマたち家族を気遣う彼は、回を重ねるごとに渋みが増しているような気がします。

逆もまた真なり?

顔つきと舞台設定に関連性があるような気がしてきました。もし、私の仮説が正しいとするのならば、逆にキャラクターの顔つきから、その作品の舞台となる世界や作品がつくられた時代や社会の様子が推察できるのではないかと思うのです。

で、色々と自分が見ていたアニメを思い返していたのですが、この仮定を成り立たせるために、障害になる作品が、とりあえず一つあります。

それはサザエさん。

アレに登場するアナゴさんの年齢、ご存知ですか?

彼、27歳だそうです。

作品がかなり昔の物なので、「その頃の27歳はこんなものなのかも」とも思ったのですが、戦後間もないころの祖父の写真に写る30代のオッサンらももう少し若い。

そうなると作品の舞台設定を考えるわけですが、

アナゴさん、とんでもないブラック企業にでもお勤めなんでしょうか?

嫁が怖いという描写がありますが、どれほどの鬼嫁なのでしょう?

作中では紹介できないようなドロドロとした人間模様があるのでしょうか?

さすがにこれは老け過ぎな気がします。彼がこれほどまでに老け込んでしまった合理的な理由が分かる方はコメントください。

 

最初のうちは楽しんで書いていたのですが、なんか、飽きてきてしまったので終わりにします。

では、また。

 

巨人の星 Special Blu-ray BOX 1(期間限定生産版)

巨人の星 Special Blu-ray BOX 1(期間限定生産版)