読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

アサヒスーパードライ・エクストラシャープとニトスキで焼いた玉ねぎの丸焼きで晩酌タイム

広告

食べることが好きなので、食べ物に関する記事を読むのが好きです。最近では、質の低い記事がエントリーされやすいと悪く言われることの多いはてなブックマークの「暮らし」カテゴリーですが、「〇〇を作ってみた。」とか「〇〇を食べてみた。」みたにな喰い物系の記事が多くなり、私にとってはかえってありがたい状況になっています。

昨日も一つ興味を引かれる記事がありました。

www.mukaikaze.net

これ、絶対に美味しいですよね。

玉ねぎを丸ごとってところがポイントだと思います。小さく切ってしまうより、玉ねぎの甘味を楽しめそうです。

試したい。

ただ、レンチンでは味気ないので、チョッとだけアレンジ。

そうです。また、あれです。ニトスキです。

玉ねぎの丸焼きとチキンソテー

主役は玉ねぎです。弱火でじっくり火を通した玉ねぎはきっと甘くておいしいだろうとともいます。想像しただけでタマランものがあります。

とは言え、玉ねぎだけでは寂しいではありませんか。ということで、脇役にも頑張ってもらおうと思います。賞味期限が近付きつつあった鶏肉です。

f:id:hesocha:20160605194707j:plain

玉ねぎは皮をむいて、根の部分を切り取りました。鶏肉は塩コショウとバジルで味付けしてあります。皮目から焼いて、焦げがついたところでひっくり返します。

f:id:hesocha:20160605194858j:plain

鶏肉をひっくり返したところで、玉ねぎもひっくり返します。加えて、冷蔵庫からエノキダケと冷凍ブロッコリーを投入。

後は蓋をして20分ほど放置です。蓋さえしておけばニトスキの余熱で火が通ります。

その間に私は入浴タイムです。風呂上りに丸ごと玉ねぎとキンキンに冷えたビールで晩酌です。

アサヒスーパードライ・エクストラシャープで晩酌タイム

風呂上りにニトスキの蓋を取ってみると、しっかりと焼きあがっていました。

もう、間違いない。これは美味い!!

美味いものには美味い酒が必要。昨夜の晩酌はスーパードライのエクストラシャープです。

f:id:hesocha:20160605195223j:plain

この時期だけの限定醸造。暑い日の風呂上りと言えばコレです。

アサヒのホームページによると

超辛口のスーパードライ。氷点下でろ過したエクストラコールドろ過製法とアルコール度数5.5%による、強い刺激と研ぎ澄まされたシャープなキレ味が特長です。

ということですが、まさにこの通り。キレ味が最高です。

さて、肝心の玉ねぎの丸焼きですが、ナイフを入れてみると、なんの抵抗もなくスッと切れました。とても柔らかくなっていました。

f:id:hesocha:20160605195907j:plain

大きいまま焼くので、とても柔らかく甘いのですが、クタクタにはならないところが良いです。

f:id:hesocha:20160605200045j:plain

鶏肉のほうもプリップリ。脂の甘さがたまりません。

そんでもって、これを喰った後に喉に流し込むスーパードライ。

最高!!

美味しいものは食べたいが、デブるのは嫌だ

昨日の投稿でも書きましたが、さすがにこんなものを深夜に喰ったらデブるのは必至です。デブるだけの覚悟もなくこんなもの喰ってはいませんが、そうは言っても太らずに済むのなら太りたくない。

ということで、朝早く起きてジョギングです。晩酌分のカロリーを燃焼してきました。

いつもより長めに走ったし大丈夫だよね。きっと。

加えて、今日はボランティアの観光ガイドで諏訪大社の下社周辺を3時間近く歩きました。

これだけ走ったり、歩いたりすれば、昨晩の分どころか、今晩の晩酌分も燃焼したよね。きっと。

つうことで、今夜も美味しいお酒飲みます。美味しいもの食べます。

もちろん、明日も走ります。喰うけど太らん。これがこの夏のテーマ。

 

では、また。