ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

落選中の議員さん、再チャレンジの神様に必勝祈願してはどうですか?

広告

参院選が始まりました。今回からは18歳以上の未成年者も投票権があり、本当ならもう少しそのことが話題になっても良そうなのですが、直前の都知事の辞職の件などのせいで、へんな盛り上がり方をしているような気がしています。

さて、選挙などの勝負事と言えば、「神頼み」です。

もちろん、「そんなものには頼らない。」という候補者もいるでしょうが、多くの候補者は神社などで必勝祈願をしたりするものです。

選挙戦に突入してしまえば各候補者は地元での選挙活動に励むことになり、それどころではないのでしょうが、選挙の年などは地元以外の大きな神社にわざわざ足を運び、必勝を祈願する政治家も結構多いようです。

諏訪大社にも各地の政治家の皆さんが参拝なさっています。そんなわけで、今日は勝負事と諏訪大社について。

大物政治家も訪れる勝負事の神様

編纂されたころの政治的な問題から古事記では諏訪の神様は戦いに敗れて諏訪に逃れてきたことになっていますが、実際は古来から戦神として武士たちに大変篤く信仰されていました。武田信玄なども重要な戦の前には必ず必勝を祈願しに来たといいます。

そんな戦の神様ですから、いつの頃からか戦に限らず、勝負事に臨む際にここで必勝を祈願するようになり、今では選挙に臨む政治家らも多く参拝するようになっています。

私も観光ガイドをしている最中に数名の議員さんを見かけています。政治の素人である私が見かけて「政治家」とわかるくらいの大物議員さんです。

もっとも、この方たちは選挙の必勝を祈願したのではなく、時期的にみて「裁判での勝利」を祈願した可能性が濃厚ですが…

現在でもこの方たちは政治家として活躍されていますので、まぁ、御利益はあったのだと思います。

再チャレンジの神様

「諏訪の神様って、どんな神様なんですか?」

こんな質問をされることがよくあります。

どこの神様もそうですが、神様というのは大体は色々な神格を持っておられます。諏訪明神こと建御名方神であれば、先に書いたように戦神だったり、雨風を司る風神さまであったり、諏訪湖にいる竜神であったり、狩猟の神様である場合もありますし、農耕の神様だったりもします。

このあたりの説明はお客様の興味に合わせて変えているのですが、「再チャレンジの神様」と紹介させていただくことがあります。

神社を案内しながら色々と話をしているうちに、「来年こそ合格したくて神頼みです。」とか「次こそは試合に勝ちたいので」とか、そんな再チャレンジをしようとしていると分かる話になった時に話しています。

先に書きましたが、古事記においては、建御名方神は出雲で戦いに敗れ、諏訪に逃げて来たことになっています。その後、諏訪の神となり、諏訪を始め信濃国の運営に尽力されたわけです。

出雲で敗れ、諏訪で再起を果たした神様。再チャレンジに成功した神様というわけです。

ただ、これ、神社側が言っているわけではないので気をつけてくださいね。あくまでも私の解釈ですから。

古くなった御柱だって再び活躍する

少し話が変わりますが、先週末に市内の八立神社で古御柱祭という神事が行われました。 

www.hesocha.com

以前に書きましたが、前回の御柱(古御柱)はこの八立神社に運ばれ、この古御柱祭を待つことになります。そして、この神事によって神の宿る御柱としてのつとめを終えるのです。

仕事を終えた柱はは観光施設などでレプリカとして展示されたりすることが多いです。また、姉妹都市である壱岐に送られ、再度御柱として活躍する柱もあったりします。

壱岐市役所 - 長野県諏訪市との交流

一度役目を終えたらお終いではないのです。必ず次があるのです。別の何かとして活躍、再生していくのです。

この「再生」というのは諏訪信仰の重要なテーマだったりするのですが、たぶん、今の私では上手く説明できないと思うので、今回はやめておきます。

とにかく、1度では終わらない。2度でも3度でも活躍しようとする。これが諏訪の文化だと思っています。このあたりも諏訪の神様を「再チャレンジの神様」と私がいう理由の一つです。

何かに再チャレンジしようという人にこそ参拝してもらいたい

負け知らずの方の必勝祈願だってもちろん来てもらいたいですが、負けた悔しさを知っている、失敗や挫折の経験のある方にこそ、もう一度挑戦したいという人にこそ来てもらいたいと私は思っています。

そんな私も再チャレンジ中。

6年前に全てを失い、0からというか、むしろマイナスからやり直して最近ようやく人並みの生活を手に入れたところです。

私の再チャレンジは今のところ、まずまずの出来です。

これが御利益なのかどうかは分かりませんが、目標を神様に誓う、その達成を見守ってもらう、そういう気持ちでいると、変に奢らず謙虚に要られるような気がしています。

それに、神様の前で所信表明なんてすれば、頑張るしかないでしょ?

 

再選を目指す議員さん。仕事でやらかしちゃったオッチャン。来春こそ大学生になりたい浪人生。

諏訪大社に再チャレンジの成功を祈願しにおいでよ。きっと頑張れるから。

では、また。