読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

今昔部活物語 最近の中学生は立派だなぁ

雑記

広告

お題「部活動」

中体連の地区大会が近いため、部活が延長され授業に間に合わない生徒が多く、振り替え授業でてんてこ舞いの今日この頃です。

3年生にとっては最後の大会になりますので、悔いの残らぬように精一杯頑張ってもらいたいものだと思います。

さて、その部活ですが、やっぱり昔とは少し違うようで、話をしているとお互いに「ウソでしょ!?」ということになりましたので、チョッと書いてみます。

土曜の部活

一番の違いはこれだとと思います。

昔は土曜日が半日授業でしたよね。いつの頃からか第二土曜が休みになり、続いて第4土曜日も休みとなり、今のような完全週休2日制になりました。

この土曜日の扱いの違いが部活動の様子も大きく変えたような気がします。

私達の頃は土曜日の授業の後に他校と練習試合などをしたものですが、今の中学生にはそれがありません。練習試合などは休日に行われるわけですが、休みなのは学校の先生も同じなので、担当の先生によってだいぶ違いが出るようです。

熱心な先生の場合は毎週のように練習試合になり、それも朝から夕方まで一日中なんてことも珍しくありません。ところが、先生によっては練習試合があまり組まれない場合も多いようです。ただ、先生方にもプライベートがありますし、それは仕方のないことだとも思います。

また、休日の練習ということですから、生徒の保護者の協力も必要となるケースがあります。部活動に熱心な学校とそうでもない学校で、結構な差があったりします。

ギャラリーがいない

土日に練習試合を行いますから、当然、他の生徒は学校にいません。部員以外は誰もいないグラウンドや体育館での試合となるわけです。

今の中学生にはそれが普通のことなのでしょうが、どうにも私にはその様子が想像できませんでした。昔は練習試合って言うと、ギャラリーがいたものですから。

かつては授業の後に試合がありましたので、校内に生徒も多く残っており、そういう生徒が応援に来ていたものです。男子生徒の応援なんぞ、たとえ友人であっても大してありがたくはないですが(そもそも、アイツらは野次るだけだった)、女子の声援なしに練習試合を頑張れたかというと私にはその自信がありません。

最近の中学生はそういう声援なしに、真摯にスポーツに取り組んでいるわけで、実にストイックだなぁと感心しています。純粋にその競技にのみ情熱を傾けているということですもんね。

皆さんはどうでしたか?20代の人なんかは土曜の半日授業をそもそも体験していないのかもしれませんが、ギャラリーありの練習試合を経験した世代ならば、私の言っていること、少しは理解してもらえますよね。あの声援のために頑張っていたところありますよね。

スケベ心が部活のエネルギー源だった

なんか、以前にも同じ様なこと書いた気がする。その時は勉強のエネルギー源だった気がするが…

ともかくさぁ、男子中学生のやる気なんてそんなもんでしょ? あれ、違う? 私はとにかく女子に良いとこ見せたいがためだけに頑張っていましたよ。もちろん周りも。

他校で練習試合をして活躍できたりすると、試合の後にその学校の女子から手紙とかもらいませんでした?「あとで読んでください」みたいな。

昔はメールなんてないし、電話も固定電話しかないから、通信手段と言えば手紙でした。大体の場合は名前と住所が書いてあって、「文通しませんか」ってメッセージ。

他校の女子とペンパルって、ある種のステータスでしたよね。っで、ある程度良い感じになってくると、同じ学校の女子が塾とかで、「あいつは止めておいた方が良いよ、性格最悪だから。」とか、身もふたもない本当のことを教えやがるので全部台無しになるっていうパターン。

あったよね? そういう甘酸っぱいの。

だけど、今の中学生にはそういうの全くないそうなんです。なんて可哀想な話でしょう。

彼らも「え!? 何それ、ズルい!!」って言ってました。やっぱりそうだよなぁ、女子がいたら張合いもあるよなぁ。

根性論は言われないみたいで羨ましい

反面、羨ましいなぁと思うこともあります。まずは何よりも「根性論」です。もちろん、勝負事は最後は根性ですから、これを全く否定するわけではないですが、昔は馬鹿みたいな根性論が幅を利かせていましたよね。

水を飲むなとか、寒くても真冬に半袖短パンとか、何の意味もないばかりか危険なだけです。でも、かつてはこれが普通でした。

今は、こういうアホな教師は少ないそうです。生徒数も少ないので、じっくりと教えてもらえますし、その辺は羨ましく思います。

朝の部活もなし

それから、今、朝の部活もなくなったらしいです。これが羨ましい。

ただでさえ育ち盛りで、常に腹ペコの中学時代に、朝から激しい運動なんぞしたら給食までもたないわけです。いつも10時頃には腹がグーグー言い出してました。

朝飯をしっかりと食べればよいと学校から言われましたが、しっかり喰ったら練習にならないし、そもそも、朝、早すぎてそんなに食べられませんでした。

空腹が耐えられず、勉強にも集中できないので、いつの頃からか、握り飯を隠し持っていき、朝の部活の後に隠れて食べていたのは良い思い出です。

最後の大会にかける気持ちは変わらない

部活の様子は随分と変わったようですが、生徒らの大会にかける意気込みは昔の中学生も今の中学生も変わらないような気がします。

勉強も大切ですが、部活でも悔いは残してほしくないです。

授業の振り替えなどででしか協力はできないけれど、最後まで部活を頑張れるように可能な限り応援してやりたいと思います。

 

では、また。