読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

【互助会各位】ブックマークボタン非表示のすすめ

広告

ブックマークが大量につくと、必ずコメント欄が荒れますよね。自分に対してのコメントならば「ああ、そうですか。」で済むのですが、関係ないところに延焼することが多いでしょ。あれが困ってしまう。

 そんなわけで、先月、ブックマークのボタンを外しました。以来、当然のことながらPVはだいぶ下がっています。色々な人に読んでもらいたくてブログを書いているのに、おかしなものだと自分でも思って入るのですが、それでも炎上する心配がないので、安心して好きなこと書けています。

……なんて、思っていたのですが、ブックマークって付くときゃ付くのね。ボタン無くても。久しぶりにぷちバズとでも言うべき状態になっていてハラハラドキドキです。

この感覚ははてなブログを始めた頃に味わった

ボタンがないので、安易にコメントをブックマークに残すことはできません。だから、読者からはスターを残してもらえるくらいのものです。

検索の流入はあるものの、その多くは過去の人気記事へのアクセスですし、ブックマークからの大量の流入もないので、書きたてホヤホヤの、「今、読んでもらいたい」っていう記事へのアクセスは、なじみの読者がほとんどです。

平気で4ケタ、5ケタの流入があった年末年始のころから考えると今の日々のPV(500~1200程)は悲しいほどに少なくなりました。

でもね、今、楽しいですよ。強がりとかではなく本当に。

今の感覚はアクセスが100に行くか行かないかくらいの時に近い感じです。毎日読みに来てくれる固定客が付き、「今日は大台の100を超えるかな?」とワクワクしながらアクセス数を確認していた頃に。

時々ブックマークが付くと、やたらと緊張し、「あと1つ付くとはてなの新着に出るんだよな。」っとワクテカしていた頃に。

忘れていた読者からのコメントやブックマークのありがたみを再発見しているところです。

「ブックマークのあり方について高尚な意見を記事にしているブロガーは、一度ボタン外してみたらいいのに」と本気で思う

誰とは言いませんよ。というか、誰々ですと特定できないほどにたくさんのブロガーが同じようなこと書いていますよね。「ブログって最高。」とか「アウトプットって良いこと。」とブロガー同士励まし合っているかと思えば、時々、注意喚起みたいに「ブックマークの使い方について考えてみた。」とか「ホットエントリーの中毒性」みたいな流れで。そういう自分も過去に書いたような気がしないでもない。

書くだけならいいんだけど、これがブックマークを集めてしまうので互助会だのはてな村だのと不毛な争いの種となる。そう、はてな界隈の争いはいつも「ブックマーク」の扱いから始まる。

この辺のことが分かっているから、互助会だと揶揄される側も言い訳のためなのか、アリバイ作りなのか、「ブックマークは正しく使おうね。」みたいな記事を書くのだが、実際は火に油を注ぐ格好になっているのがほとんどで、話も振出しに戻ってしまう。さらには、もしかしたら、そこまで分かっていて書いているんじゃなかろうかというブロガーもいる有様。

後者のような奴には何を言っても無駄だろうが、アリバイ作りとか考えてそういう高尚なことを書いているブロガーは、一度ボタン外してみたらよいと思う。

「正しく使おう」と言ったところで、実際は多分使えてないのだから。でね、はてな経由ではバズりにくい状態にしてはてなブックマークのありようを冷静に見てごらんよ。「互助会ふざけんな!」って怒っている人の言いたいことも理解できるから。

それに、右も左も分からず、ただブログを書くのが本当に楽しかったころの感覚が取り戻せますよ。あなたの「ブログサイコー」って意見にも真実味が増すというものです。

自分の文章力の無さにも腹が立つので

コメントに対してムカッとすることはありますよね、やっぱり。ただ、自分で書いて世に出してしまったからには何を言われても仕方が無いわけで、コメントにイラつくよりは自分の文章力をどうにか高めて、いらぬ誤解をされないものを書いていったほうが建設的なのだろうと思います。とは言え、現状ではそのレベルにない自分の文章力では炎上は不可避ですので、しばらくは修行期間です。

そんでもって、ボタンがなくてもブックマークしてもらえるレベルの内容の濃い記事を書けるようになりたいとも思っています。

ということで、今後も私はブックマークボタンは非表示で行きたいと思います。炎上せずに大勢に読んでもらえる記事を目標に精進します。

では、また。