ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

成績を上げたいのならば、夏期講習を頑張りすぎてはダメ

広告

夏休みも近づき、各学習塾が夏期講習の案内をしています。

私の教室でも夏期講習に関するお問い合わせが来るようになってきたのですが、どうも、親御さんらとの認識のズレがあるようなので書いておこうと思います。

提案されたコマ数を消化する必要はない。というか、するな!

最近の学習塾、特に個別指導の塾の期別講習に多いタイプですが、必要に応じてコマ数を増やせるというものです。

「必要に応じて」と書くと聞こえが良いですが、実際のところは教室側から、「これだけのコマ数をとりましょう。」と提案され、しぶしぶ受講するというパターンがほとんどだと思います。

私が以前勤めていた学習塾もそうでしたが、結構なコマ数を提案するんですよね。もちろん、こういうことは成果が上がらなければ意味がありませんので、成績アップのために必要とあればシッカリと受講してもらいたいとは思うのですが、教室によっては、必要以上に提案してくる場合があります。

ノルマでもあるんでしょうかね?ある問題のある教室長(半年でクビになった)の元で行われた夏期講習では、どう考えてもやり過ぎなケースもありました。

ひと夏に合計で100コマ以上受講するような生徒もチラホラいたのですが、夏休みの短い(3週間ほど)信州ではこのコマ数を消化するのって本当に大変。塾に20日通うとしても、一日5コマ以上。ほぼ一日中塾にいることになります。

「これだけ頑張ればさぞ成績が上がるだろう。」そう思う人もいるでしょうが、このタイプの生徒はまず成績は上がりません。

100コマ越える授業数となると20万位行きますかね、大手の塾の場合。これだけ払っても成績上がりません。というか、払ったがために、受講したがために上がりません。仮にこれが50コマだったら、上がると思いますよ。

だから、時間の無駄だし、お金の無駄だし、頑張った生徒が可愛そうなので、そういうふざけたコマ数の提案だった場合は、そのままなんて受講しないでください。

以下はその理由。

何故、たくさん授業を受けているのに成績が上がらないか

生徒の学力、実力が上がる瞬間というのは授業中にはやって来ません。

もちろん、授業を通して、「解き方が分かった。」「理由を理解できた。」ということはあるでしょうが、そこで終わっては結局1週間もすれば忘れてしまうのです。

この「何かを得た」という感覚を本物の実力に変えるのは自宅での学習、練習を通してなのです。解き方を覚えたうえで、何度も練習し、本物の実力になるわけです。

ところが、「何かを得た」という感覚のみを追い求めて授業を受け過ぎると、自分で勉強をする時間が確保できなくなります。

塾から帰宅してからやれば良いというかもしれませんが、5コマも授業を受けた後に、さらに集中して勉強できるような中高生はそうはいません。

ですから、「ほどほど」の授業数にするということも実は必要なのです。

そのあたりを無視したコマ数を提示してくるようでしたら、「これは無理です。」と正直にはなして、現実的なコマ数に変更してもらうべきです。いや、それ以前に、そんな塾にお子さんを通わせるのはやめた方が良いかもしれません。

家で勉強しないというのなら自習席を利用すれば良い

「家にいると遊んでばかりですし、授業をしてもらった方が安心です。」そんな親御さんも少なくないのですが、それならば、授業ではなく自習でも良くないですか?

夏期講習で周りの生徒は頑張って勉強をしていますから、自習席での学習であっても周りの雰囲気に影響されてシッカリと集中して勉強できます。

午前中に授業。午後は自習席で予習と復習。そんな具合で塾を利用してはどうでしょう。

どのくらいの授業数が良いのか

生徒にもよるので一概には言えませんが、授業時間は1日3時間~5時間くらいが良いと思います。

結局、これ以上受講したところで、集中力が持続しません。無理をして疲れを残せば、翌日の授業にも悪影響がでます。

とにかく、自分で勉強する時間を確保できるかが重要です。無理なく復習ができる状態でないと、なかなか成績アップにつながりません。

商売でやっているので授業数が多いほうが嬉しいですが…

私も商売でやっているので、授業はたくさん受講してもらえると嬉しいです。タップリと儲けたいところですよ。正直なことを言えば。

でも、そこで変な欲を出してしまうと生徒のためにもならないと思っていますので、あえて「受講しすぎないように。」「自習席を活用してください。」と伝えています。

成績を上げたいのならば、夏期講習を頑張りすぎてはダメ

受験生などの場合は特に、「頑張ってこの授業をこなして、合格を勝ち取ろう!!」とか言われれば、「そうだよなぁ、頑張んないとなぁ」と塾側のプランを丸呑みにしてしまう場合が多いですが、本当にそのプランが自分のためになるかジックリ考えましょう。

同業者として恥ずかしい限りですが、教室によっては、利益重視で必要以上の授業を提案してくる場合があります。

そういう場合は、繰り返しになりますが、折角受講しても、かえってマイナスになることがあります。

どうか、大切なお金と時間を無駄にしないでください。肝心なのは、自分の力で勉強することです。塾はそのために利用するくらいのつもりでいましょう。

では、また。