読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘソで茶をわかす

日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録

心がピョンピョンするあの記事が当ブログの2015年ベストエントリー

お題スロット 雑記

広告

今週のお題「マイベストエントリー」

書き始めて2ヶ月程度なので、ベストとか言ってもしょうがないような気はしますが、折角だから、ここまでのブログを振り返り、ベストを決めてみようかと思います。

 何をもってベストとするか

どんなブログをベストとするのか?ベスト=一番良いとは何が一番良いのか?

アクセス数なのか、自分の満足度なのか、それとも他の何かか?

何度かこのブログでも書いているが、正直なところ、アクセス数の多いものは好きな記事ではない。どちらかと言えば力を抜いて書いた、思い入れの小さい記事だからだ。

では、思い入れの大きいものがベストなのか。いや、そういうのは大体空振っている。自己満足で書くのならチラシの裏にでも書けばよいのであって、読んでもらえてはじめて意味があるのだから、そういうのは良い記事とは言えない。

つまり、その両方のバランスが最も良いものこそベストエントリーといえるのではなかろうか。

栄えある?2015年ヘソ茶ベストエントリーは

度重なる脳内会議の結果、今年のヘソ茶ベストエントリーは 

www.hesocha.com

に決定しました。

受賞されたエントリー関係者を代表して、ラビットハウス様には後日、副賞が贈呈されます。

受賞の理由

詐欺臭いタイトルからも分かっていただけると思いますが、かなり狙って書きました。そして、ただ狙っただけではなく、そのためにワザワザ登山を敢行し、お寒いネタ写真まで撮って来るというバカバカしい執念ごちうさ人気にただ乗りしようという図々しさ。自分で自分をあざ笑ってやりたい。そんな記事です。

書き始めて間もない頃だったので、PVも100行くかどうか位の状態から、いきなり4ケタアクセスを頂き、プチパニックになったのは良い思い出です。

それもこれもアキバBlogさんのおかげ

そんな経験をできたのも全ては私の実力、ではなく、アキバBlogさんがツイッターで紹介してくれたおかげ。朝4時頃のツイートにも関わらず、とんでもない流入があり、朝起きた時点でアクセスカウンターに立派な御柱が建っていました。

あれがなければ、未だに100前後のPVが続いていたかも。あの日を境にPVは自然と増えてきました。今、私がブログを書いているのはあのツイートのおかげかもしれません。

しかし、よく私の記事を見つけたものだなぁ。吹けば飛ぶような超弱小ブログだったのに。サイトを大きく育てるには、いろんな記事を読まないとダメってことなんでしょうね。

ツイッターの凄さを実感

この経験をするまで、私はツイッターを舐めていました。バカッターとか馬鹿発見機とか言われていますし、「何が面白いんだ、こんなもの」というのが当時の率直な感想。

しかし、ツイッターの拡散力の凄まじさを目の当たりにして、「ツイッター、バカにならん。」と、ツイッターを本格的に利用し始めました。

今、ようやくフォロワーも350くらい。まだまだひよっこですけど、ブログとは別に、こちらも育てていきたいメディアになりました。

ブックマークは少な目

アクセス数は今でも私の記事の中のトップ5には入るのですが、ブックマークは少な目です。当時、ブックマークのことも良くわかっていなかったので、もしかしたらシェアのボタンもつけていなかったかもしれません。

アクセスのほとんどがツイッター&検索経由ってのがチョッとした自信に繋がっています。とは言え、うち6割程がアキバブログさんからですけど…

Proプランに移行

「あれ?これ、行けんじゃね?」そう思わせてくれたのは、このエントリーでした。

その後、数回の脳内会議の末に、読者らに背中を押されProプランに移行&ドメイン取得。しかも、何も血迷ったか2年契約。

引くに引けないブログライフの幕が上がりました。

「ごちうさ」みたいな日常系アニメ&萌え系アニメへの耐性

多少、ついたような気がします。多少。

ここ最近、難民申請を申し出ている一部ファンの心情は正直わかりかねますが…

この記事以来、ネタを探そうとごちうさ2期目をニコ動で視聴してきましたが、うん、面白いかもしれない。

とりあえず、リゼちゃんの可愛さだけは理解した

他の候補 

www.hesocha.com

 これと悩みました。このエントリーはブログ始めた頃から、いつか書こうと思っていたネタなので。ただ、「諏訪、関係ないじゃん」という反対意見が側頭葉君から出され、全脳内が「…確かに!!」と納得し、次点となりました。

最後に

このエントリーは書き慣れていない頃の物なので、読み返すと色々とアラが目立ちますし、もう少し別の書き方があったかなぁとも思うのですが、自分で言うのもなんですが、内容は良いものになっていると思います。

諏訪を紹介しつつも、アホなことをやる。「ヘソで茶をわかす ~日本のへそ、諏訪湖畔に住む小市民の日々の記録」というブログのタイトルを体現したような内容だったと思います。

来年も、もっとこういう記事を書きたいです。

 

では、また。